So-net無料ブログ作成

それぞれのリラックス [動物]


いつもご訪問ありがとうございます♪



お散歩中によく見かけるニャンコ先生たち



も、ものすごい体勢ですね・・・


どうゆうポーズでしょうか?.jpg


あ、そうですか。。。




あ、熱くないんですか?


車の上がすき.jpg


あ、そうですか。。。



ニャンコって自由ですねえ~( ̄m ̄*)




ではでは~読んでくださってありがとうございましたー!





味わいある「ぼけ」とは? [教室課題]


いつもご訪問ありがとうございます♪


じゃんじゃん行きます~


第6回写真教室レポです。


この日は 「絞りとマニュアルフォーカス」について


一眼撮影の醍醐味の一つである、背景ボケ。

絞り<F値>を 開放したり絞ったりして、ピントの範囲を決めます。


被写界深度が浅ければ浅いほど、ピントの合う範囲が狭く (開放)

被写界深度が深ければ深いほど、ピントの合う範囲が広い (絞る)


被写体にできるだけ近づくことによって、よりボケ味のある写真が楽しめるとのこと。


というわけで・・・


ボケ味を生かした写真

今回は、AFではなくMFで撮ってみてください。


というのが今回の課題でした。


そよっぺ.jpg


教室へ通い始めて3か月

初めて先生にお褒めの言葉を頂いた写真です(笑)

ピントはそよっぺの右目に合わせました。



ではでは~読んでくださってありがとうございましたー!




動きをとらえる [教室課題]


いつもご訪問ありがとうございます♪



続けて、第5回写真教室レポです。



この日は「動きの表現」についてのお話。



シャッタースピードを変えて、違った動きを表現する


というものでした。



というわけで、速いSSでの写真と、遅いSSでの写真が課題でした。




SS 1/4000s


SS4000F10.jpg



高速で動くものは、速いシャッタースピードでとらえると

動きが止まったように写りますが

電車などは、停車しているようにも見えるので、難しいんだそうです・・・なるほど~


そよっぺの走っている写真は、足が浮いているので、動いているのがわかるね、とのこと^^;


あと、速いSSにはそれなりの明るさが必要なので、天気やISO感度が大事




SS 1/30s


SS30F16.jpg



動きのあるものを、あえて遅いSSでとらえると、ぶれてしまうけれど

それが逆に動きを表現することになるそうです。

流し撮りや、滝や花火の軌跡を写す写真などもそう。


流し撮りは難しかったので、電車とタクシーだけブレて頂きました(笑)


遅いSSには、それなりの暗さがいるので、時間や天気に応じて固定も必要とのこと。




ドッグランなどで、速いSSで撮る機会は多いですが

遅いSSは撮り慣れていないので難しかったです><

日々の練習が必要です!



ではでは~読んでくださってありがとうございましたー!



見方を変えると見えてくる [教室課題]


いつもご訪問ありがとうございます♪



なんとなんと、1ヶ月も放置してしまった・・・なんてことだっ


というわけで、7月はこちらのブログだけでも頑張って更新したいと思います~



さてそれでは、たまりにたまった、写真教室ネタ・・・


第4回写真教室は、「画角」と「焦点距離」のお話でした。



提出した課題はこちら・・・


「同じ被写体を、画角を変えて撮ってみる」というお題で


14mmで撮った位置から、だいぶ下がって、45mmの望遠で撮ってみました


14mm


14mm.jpg


45mm


45mm.jpg


一見、どこが違うんだ???って思っちゃう写真ですが

よく見ると、ベンチの向こうの背景が随分違います。

14mmの方が奥行きを感じる写真のように感じます^^



というわけで、写真を撮るうえで基本中の基本である「画角」について

新たな面白い発見が出来た授業でした。


先生曰く、ズームレンズに頼りすぎるのではなく

足で動いて画角を決めることが大事!とのこと。



ではでは~読んでくださってありがとうございました!




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。